Biography バイオグラフィー

AOKIグループ創業者

青木拡憲

 

Founder of AOKI Group AOKI Hironori

1938年~1957年

1938年

9月23日

長野県長野市篠ノ井で米穀商・青木商店の長男として誕生

1946年

戦後、父親が質屋を開業するも行き詰まる

1958年~1997年

1958年

9月

長野県長野市で個人商店「洋服の青木」を創業

 

創業から7年間、背広を唐草模様の風呂敷に包み
村から村へ、町から町へ売り歩き外商を続ける

先の見えない中、松代の長国寺で座禅を行う

地元の先輩および若き実業家たちと渡邉学習会をスタート

1965年

7月

第1号店、篠ノ井駅前店開店

 

AOKIグループの1号店、12.5坪
狭い店内に、高級紳士服、
ワイシャツ、ネクタイなどを豊富に品揃えし、
ハイセンスな店として、篠ノ井中の話題を集めた

1967年 

6月

「株式会社アオキ」に商号変更

1971年

11月

長野駅前店開店/オリジナル商品の開発に着手

当時の長野では売り場面積も品揃えも
ナンバーワンの店舗になり爆発的な売り上げを記録。

AOKIグループの礎となった店舗。

「社会性の追求」「公共性の追求」「公益性の追求」の経営理念を確立

1973年

12月

第1回ハーモニーコンサート(長野県松本市)

 

「公共性の追求」の一環として長野県松本市にて
バイオリニスト辻久子氏を招き、「ハーモニーコンサート」を初めて開催

1975年 

4月

長野石堂本社ビル竣工

赤いバラの広告塔が目印に

1976年  

8月

「アオキファッション販売株式会社(現 株式会社AOKIホールディングス)」設立

1977年  

9月

東京進出第1号店虎ノ門店開店

1979年

12月

郊外型標準店第1号、長野南高田店開店

 

長野市郊外の南高田に車社会に適応し、低コストでより広い売り場面積と駐車場を確保

 

AOKIグループのチェーンストア展開における画期的な店舗のモデルになった

1980年

10月

首都圏進出の本格的1号店として、神奈川県に海老名店開店

1981年

12月

イタリア・ミラノのオートクチュールデザイナーと提携

 

さらなるファッション性追求のために、
ミラノのオートクチュールデザイナーと提携し、
翌年よりオリジナルブランドとして販売を開始

1984年

10月

愛知県一宮市に商品本部開設

1985年  

9月

「株式会社アオキインターナショナル」に商号変更

1986年

11月

本社を横浜市に移転

1986年

      

12月

首都圏最大級店舗、横浜港北総本店開店

1988年

8月

創業30周年、社歌「男ルネッサンス」誕生

1989年

11月

紳士服専門店で世界初のオーストラリア産超高級極細羊毛を落札

 

翌年以降も毎年落札し、1995年にはギネス記録となる

1990年

11月

横浜港北総本店、メンズ専門店世界最大級の売場面積1,000坪に増床

1991年

1月

日本経済新聞「公遊抄」に掲載

1991年

9月

郊外型紳士服専門店としてはじめて、東京証券取引所市場第一部に上場

1993年

10月

新宿に2店舗、大阪の千里総本店など積極的に出店

1993年

     

 

11月

雑誌「プレジデント」に掲載

「お陰さま」で築いた紳士服チェーン二〇〇余

1994年

9月

国際羊毛事務局(IWS)他7社と世界初「ウール100%形態安定スーツ」の新開発、販売開始

1995年

1月

フライデーカジュアル「オン・フライデー」の新開発、販売開始

 

日本にフライデーウエアという新しいファッションスタイルをいち早く紹介
石津謙介氏と新大人カジュアル「オン・フライデー」をキャンペーン展開し、社会現象を巻き起こした

1995年 

1月

阪神・淡路大震災発生

被災地に防寒ハーフコート10,000着寄贈
定価39,800円の「メリタスハーフコート」を10,000着用意し、被災地の7カ所の避難所へ直接輸送
軽くて暖かいコートは、被災地の皆様にご活用いただいた

1996年

11月

トーア紡、国際羊毛事務局(IWS)と協力、世界初のウール衣料リサイクルシステムを開発
(ウールエコサイクル)

1998年~2007年

1998年

11月

「アニヴェルセル表参道」開業
ブライダル事業のスタート

 

画家マルク・シャガールの代表作「アニヴェルセル」との出会いをきっかけに誕生
ウエディングと記念日の館として話題に

1998年

11月

カラオケ「コート・ダジュール」開店
エンターテイメント事業のスタート
 

「コート・ダジュール」1号店をAOKIすみれが丘店2階に開店
南仏の高級リゾート地、コート・ダジュールがテーマ

1999年

3月

『朝日新聞ウィークリー AERA』「現代の肖像」に掲載(3月8日号)

2000年

3月

だるまの会、21世紀研究会スタート

2000年

8月

家庭で洗えるウール100%形態安定スーツ「ECO SPRIT SUIT」の新開発、販売開始

2000年

10月

株式会社ヴァリック(現 株式会社快活フロンティア)設立

2001年

 

     

 

荘内スーツベトナム工場スタート

2001年

6月

 

愛と情熱の画家 シャガール展
アオキコレクション(信濃美術館)

2002年

4月

ポンピドーセンター&シャガール家秘蔵作品
マルク・シャガール展(東京都美術館)

2003年

3月

ORIHICA表参道店 開店

2003年

7月

快活CLUB1号店 幕張店 開店

2003年

8月

名古屋の紳士服専門店「トリイ」と業務・資本提携

2003年

10月

産学共同開発商品の新開発、販売開始

2004年

8月

静岡の紳士服専門店「ゴトー」からメンズ15店舗譲受け

2005年

9月

東北の「ゼビオ」からメンズ11店舗、メディア事業8店舗譲受け

2006年

4月

AOKIホールディングスに商号変更

2007年

4月

山梨のカジュアル専門店「エムエックス」と業務・資本提携

2008年~現在

2008年

4月

純粋持株会社制に移行

2008年

8月

創業50周年記念社員大会

2008年

9月

『親子で学ぶ人間の基本』DVD完成

2009年

5月

AOKI銀座店開店

2010年

6月

代表取締役会長に就任

2010年

9月

一般社団法人日本家庭教育協会へ『親子で学ぶ人間の基本』DVDを寄贈

2011年

2月

中華民国建国100周年記念展覧会

「シャガール展」へ所有作品のほぼ全てを貸し出し(故宮博物院、国立台湾美術館)

2011年

3月

東日本大震災発生

被災地に温かい肌着「ヒートウォーム」シリーズ約10万点とその他防寒コート等衣料品約2万点、合計12万点を寄贈

2011年

5月

第1回佐久間象山塾開催(以降毎年開催)

第1回講師:堺屋太一先

2011年

10月

「一般財団法人AOKI教育・文化振興財団(2016年公益財団法人AOKI財団に移行)」設立。評議員・名誉会長に就任

2011年

12月

AOKIグループハーモニーコンサート再開(以降毎年開催)

(横浜みなとみらいホール 大ホール)

2012年

5月

テレビ東京 『日経スペシャル カンブリア宮殿 〜村上龍の経済トークライブ〜』出演(5月31日放映)

2013年

AOKIグループ総店舗数1,000店舗突破

2013年

9 月

『何があっても、だから良かった』出版

2014年

2月

アニヴェルセル みなとみらい横浜開業

2014年

10月

紺綬褒章 受章

2015年

5月

寿本舗株式会社設立

フルパワー10の販売開始

2016年

8月

佐久間象山の文机を譲り受ける

2016年

12月

 

日経新聞夕刊 「こころの玉手箱」に掲載(全5回)

2017年

8月

NHK Eテレ 『先人たちの底力 知恵泉』「空気を読むな 時代を読め! ~幕末孤高の挑戦者 佐久間象山~」出演(8月22日)

2017年

 

     

9月

第1回地中海クルーズセミナー開催

2018年

9月

創業60周年記念社員大会

2018年

 

 

11月

 

 

象山神社に真田幸貫公、佐久間象山、その門弟勝海舟、吉田松陰、坂本龍馬、橋本左内、小林虎三郎の銅像及び高杉晋作、久坂玄瑞、中岡慎太郎のレリーフを奉納

2018年

12月

新本社竣工

2019年

9月

横浜・佐久間象山に学ぶ会開催

講師:坂本保富先生

2020年

5月

「第27回 信毎賞」受賞