2021年3月期

~ 新生活様式にあわせた商品・サービスの開発で、企業価値の向上を追求 ~

代表取締役社長<br/>青木 彰宏<br/>
拡大
代表取締役社長
青木 彰宏

はじめに

 株主の皆様には、平素よりAOKIグループに対 し格別のご支援を賜り、厚く御礼申しあげます。

 

 このたびの新型コロナウイルス感染症(以下、「同感染症」)に罹患された方々をはじめ、甚大な影響を受けられた皆様に心よりお見舞い申しあげます。また、同感染症拡大防止に、最前線で尽力されている医療関係者をはじめとする多くの皆様に心より感謝の意と敬意を表します。

 

 当期におけるわが国経済は、期中において一時的に持ち直しの動きがみられたものの、経済活動は引き続き制限されており厳しい状況が継続しております。このような環境のなかで、当社グ ループは、期初に決定していたエンターテイメント事業を中心とした71店舗の新規出店と25店舗の閉鎖、及び同感染症の拡大に伴う生活様式の変化に対応した新商品やサービスを提供するとともに、コスト削減に努めてまいりました。しかしながら、同感染症の影響を想定以上に受けたこと等により、減収減益となりました。

次期に向けた課題

 次期におきましては同感染症の拡大防止を行ったうえで、新生活様式に合わせたお客様のニーズの多様化に対応した諸施策を実施するとともに、コストを徹底的に見直し、効率的な経営を推進してまいります。

 

 ファッション事業では、ビジネススタイルの変化に合わせた商品開発やオンラインショップ等を強化することで、消費者ニーズに対応してまいります。

 アニヴェルセル・ブライダル事業は、新生活様式に合わせた新しいウエディングスタイルをご提案するとともに、新しい販促経路による効果の最大化を図り収益構造を変革してまいります。

 エンターテイメント事業は、様々なコンテンツや新サービスを導入することで「シェアリングスペース」業態としての客層拡大と利用頻度の向上を図るとともに、「FiT24」は独自の強みを活かした差別化に加え、積極的な出店によるシェア拡大を図ってまいります。

株主の皆様からのご支援とご期待にお応えして

 株主還元方針は継続してまいりますが、同感染症による当期の業績及び収束時期が不透明な状況等を鑑み、誠に遺憾ではございますが、当期の期末配当は見送り、年間配当は10円(中間配当 10円)とさせていただきました。グループ各店舗でご利用いただける「株主御優待券」は継続して発行しております。

 

 次期の配当につきましては、普通配当として中間配当金を1株当たり5円、期末配当金を5円とし、年間配当金は10円を予定しております。

 

 株主の皆様におかれましては、時節柄くれぐれもご自愛いただきますとともに、何卒倍旧のご指導ご支援を賜りますようお願い申しあげます。